【絵本紹介】娘が繰り返し読んだおすすめ絵本5冊

皆さん、お子様に読み聞かせしていますか?
うちの長女は絵本が大好きで、しょっちゅう絵本を読んでとせがんできます(主に主人に対して)そんな中、お気に入りの繰り返し読む絵本って決まってくるんですよね。
今回は、生まれてから~今までの長女お気に入りの絵本を5冊ほどご紹介致します。

 

おすすめ絵本5冊

はらぺこあおむし

初っ端からど定番な本ですいません。もはや説明が不要なくらい有名な絵本かと思いますが、やっぱり食いつきが良い!長女は赤ちゃんの頃からパラパラを絵を見せるだけで喜んでました。可愛らしいカラフルなイラストや、色々な仕掛けが楽しいのでしょうね。3歳になって歌えるようになった今では、あおむしの歌と共にお話を読んでます。定番はやはり強い。
はらぺこあおむしも好きですが、私は同じ著者の「パパ、お月さまとって! 」の方が好きです。こちらも近々買い与える予定。

 

ウィリアムのこねこ

レトロな絵と心温まるストーリーが素敵な絵本。うちで猫を飼っていることもあり、娘も1歳くらいから大好きで、何度も読んでと持ってくる絵本です。文字数も多く大人は読むのが大変ですが、本当に内容が素晴らしい!みんな笑顔になる最高のハッピーエンド。心に残るお話です。現在は古本でしか手に入らないのが残念。
お話は文句ないのですが、登場人物が多く、読みながら外国人の長い名前に舌を噛みそうになります。リアルタッチの絵なので、肝心のこねこの顔がちょっと怖いのもいい感じ(最初ぎょっとした)。

 

もしもぼくがおとなだったら

長女だけでなく私も好きな絵本です。注意ばかりのおとなにうんざりの「ぼく」。おとなになったらしたいことを次々と考えます。水槽で魚を育てたり、ご飯の前に大きなチョコレートを1枚食べたり……発想が子どもらしく、大人が読んでもくすっと笑えるお話です。
長女は3歳前くらいから興味を示し始め、現在、話の内容がだいぶ分かってきたのか、お話を読みながら「お片付けしてないね」と主人公に突っ込んだりしてます。大人から注意受けまくりの「ぼく」と自分を重ねているんでしょうね~。あなたもお片付けしてない時あるでしょう~。

 

おばけの天ぷら

おばけの天ぷら!?とすごい組み合わせのタイトルにまず惹かれます。おばけが作る天ぷらのお話なのか……と思いきや、おばけ自身が危うく天ぷらになってしまうというなかなかスリリングなお話で予想を裏切られました。ドーナツとかでもなく「天ぷら」というのがいいですね。この絵本を読むたびに天ぷらが食べたくなります。

うさこが天ぷらの材料から買い出しに八百屋など向かうくだりも「そこから始めるの?」という感じで面白いです。長女も2歳頃からこの絵本が大好きで、天ぷらを作るシーンなどもわくわくして読んでいます。

 

くぎのスープ

この独特な絵、私は結構好みです!スウェーデン民話なのですが、ケチなおばあさんと旅人の男のやり取りが面白い。長女も何か惹かれるものがあったらしく、1歳前からやたらこればっかり持ってきてました。ざっくり話を説明すると、男がくぎを1本入れただけの沸かした湯に「少量」の牛乳やじゃがいもを入れるともっと美味しい!と言っておばあさんに材料を持ってこさせて美味しいスープを作るお話です。おばあさん、途中で何故気づかないのか……。
うちにあるのはミニ絵本ですが大型本もあるようです。ただ、こちらの本も現在は中古でしか手に入らないのが残念。

 

まとめ

有名なのもありますが、ほとんどマニアックなものばかりになってしまいました。でもどれも長女が大好きで、繰り返し繰り返し読んでいるので、面白いんだと思います。
気になる絵本があれば、是非お子さんと読んでみて下さいね。

(今後は定番絵本も増やしていく予定です……)

コメント

タイトルとURLをコピーしました