出産準備リスト公開!後から分かった必要だったものいらなかったもの

出産予定日が近づいてくると、そろそろやらなければならないのが赤ちゃんを迎えるための出産準備です。安定期に入って体調が良いうちに始めましょう。臨月に入ると呼吸するのもしんどく、動くのも億劫になります(経験談)。

私は無駄にお金をかけたくなかったので、必要最低限の出産準備をしたつもりでした。しかし、それでも結局使わなかったもの・後から必要になったものがいくつか出てきました。

出産準備リストって人によって様々です(各ご家庭によって状況が違いますから当然ですね)。今回、私の出産準備リストを公開致しますが、参考程度に軽く読んで頂ければ幸いです。

 

出産準備リスト

ベビーウェア
ベビーベッド&マットレス
オムツ・お尻ふき
オムツごみ箱
○ペットシーツ
△赤ちゃん用綿棒
爪切り
哺乳瓶2
ミルク1缶
ブラシ
△ベビーバス
×湯温計
石鹸&泡立てネット
ガーゼハンカチ
抱っこひも
新生児パッド

準備して役立ったものは○、なくても困らなかったものは△、いらなかったものは×をつけています。1つ1つ説明していきますね。

 

衣類

○ベビーウェア

退院後に着せるちょっと華やかなベビードレスと、普段着用であるロンパース(上下がつながったベビーウェア)や肌着を各2~3枚用意。……したけれど、全然足りませんでした。母が産後手伝いに来るときにベビーウェアをプレゼントしてくれたので助かりましたが、赤ちゃんって結構服を汚します。汗をかいたり、おむつからおしっこが漏れたりして、1日数回着替えが必要なことも多いです。産後まめに洗濯するのも大変なので、それが嫌なら多めにベビーウェアは用意しておいた方がいいかと思います。生まれた季節にもよりますが、5~6着は必要かと思います。

 

寝具

○ベビーベッド・マットレス

ベビーベッドの購入は、ぎりぎりまで悩みました。マンション住まいなのでできるだけ場所をとるものは置きたくなかったんですよね。購入するならあまり場所をとらず、できるだけ長く使え、でも高すぎないもの!と色々条件付けて購入したものがこちらです。折りたたみ収納可。月齢が進むとベビーサークルにもなるので、つかまり立ちの時期まで長く使えました。安いわりにはしっかりしており、おススメです。マットレスは60㎝×90㎝がぴったりでした。

トイレ用品

○おむつ・お尻ふき

お尻ふきとおむつ(新生児タイプ)を1パック、Amazonで購入して準備しておきました。妊娠中にAmazonファミリー・プライム会員に登録したのですが、定期お得便がかなり便利!かさばるオムツとかは、ドラッグストアで買いにいくのも大変ですが、Amazonで購入すると家まで届けてくれる上、プライム会員はオムツを15%offで購入できます。よくクーポンも配布されているのでそれも利用するとさらにお得い得になります。

○オムツごみ箱

匂いに敏感な私は、できる限り排泄物の匂いが漏れないゴミ箱を探しまくり、ちょっと高めのものを買いました。ほとんど匂わないし、容量も大きく使い勝手よく、インテリア的にも素敵です。

ただ、これだと気軽に丸洗いはできないので、丸洗いしたい方はこっちの方がいいかもしれません。こちらのゴミ箱も使いやすく、うちでは生ごみ入れとして使っています。踏み台にもなるしとても便利。匂いも、きっちり蓋をしめている限りは匂いません。ミニ・S・L・LLサイズがあります。

○ペットシーツ

犬猫のトイレに敷くもので、尿を吸収するシートです。うちには猫がおりたまたまペットシーツがあったので、子どものおむつ替え用シートとしても利用してました。ベビーベッドでのおむつ替えの時、オムツを外した途端におしっこしたりして漏らされても、ペットシーツが汚れるだけなのでそのままポイできて楽チン。布団やシーツを汚さず済んだことが多々あります。ただでさえ新生児期のお世話中は自分の身はへろへろ状態なので、洗濯物が無駄に増えないのは助かりました。

衛生用品

△赤ちゃん用綿棒

わざわざ赤ちゃん用のものを購入しましたが、全部使いきれずだいぶ余らせてしまいました。でも、さすが赤ちゃん用。新生児の小さな耳や、鼻など汚れがあったら取りやすかったので、普通の綿棒よりは断然使いやすかったです。でも、普通サイズでも問題ないかと思います。赤ちゃんの耳掃除は耳の入り口付近の汚れをぬぐう程度ですしね。しっかり耳垢を取りたい場合は耳鼻科に行きましょう。

○爪切り

色々調べてコンビの爪切りを購入。これしか使っていないので比較できませんが、特に使いづらいということもなく、今も現役で子どもたちの爪を切っています。赤ちゃんの爪って意外と伸びるのが早く、1週間に1回は切らないとチクチクしてかなり痛いです。

授乳用品

○哺乳瓶

産後、母乳でいけるかミルクになるか分からなかったので、一応2本用意しました。チュチュベビーの哺乳瓶だと、乳首の変更がいらないので長く使えます。

○ミルク

とりあえず1缶だけ購入。産後すぐから母乳がよく出る人なら1缶すらいらないかもしれませんが、私は徐々に出るタイプだったので1か月はミルクと混合でした。アイクレオの300gがちょうど1か月で消費できてよかったです。

○ブラシ

哺乳瓶を洗う用に買ったブラシ。シリコン製なので食洗器もOKですし、哺乳瓶だけでなく水筒を洗うのにもぴったり!予想以上に使える商品で買って良かったです。

お風呂用品

△ベビーバス

早めに購入して用意しておいたものの、新生児の頃使わなかったんです(新居の洗面台で沐浴させてたので)。使い始めたのは、お座り時期になってからだったので、特にあってもなくてもどっちでも良かったかなと思ってます。
こちらのベビーバスは折りたたみできて場所を取らないのが良かったです。

×湯温計

購入するかどうか悩んで結局購入して準備しておいたのですが、結局使わないままになってしまいました。手の感覚で大体お湯の温度って分かるし、必要なかったです。きっちり測りたい人にはいいかもしれませんが、面倒くさがりな私にはいらなかったです。

○石鹸・泡立てネット

元々家にあった私の洗顔用の坊ちゃん石鹸を、ベビーソープとして使うことにしました。無添加なので赤ちゃんにも安心です。

○ガーゼハンカチ

多めに購入しておいてもOKなのがガーゼハンカチです。沐浴中に顔や体を拭いたり、よだれを拭いたり、離乳食が始まると口周りを拭いたり。保育園に通いだすと手拭きハンカチとして結構な枚数が必要になってきます。染みが目立って来たら、そのまま掃除クロスに変身。できるだけ丈夫そうなものを選ぶと長持ちするかと思います。

おでかけ用品

○抱っこひも

色々なメーカーから販売されていますが、特にこだわりのなかった私はnapnapの抱っこひもを購入しました。比較してないので他のものと違いは分かりませんが、軽くて大き目なポケットが付いてるので色々入れられて便利でした。使わない時はポーチに収納できる点も邪魔にならず良かったです。

○新生児パッド

退院後すぐに抱っこひもを使用する予定でした。しかし、新生児は首が座っていないため抱っこひもがそのまま使えません。頭を安定させる新生児パットが別売されていたので、こちらも同時購入しました。数カ月しか使わないのですが必需品でした。

まとめ

正直、迷うものは産後に買い揃えるのでも全然間に合います。今はネットで何でも注文できますからね。ベビーベッドやおむつなども、私は出産の入院中にAmazonで注文しました。
あと、産後でないと必要かどうかも分からないものもあります。例えば搾乳機は、母親から予め買っておきなさいと言われていました。母は自身がよく母乳がでるタイプだったようですが、私は1か月過ぎてからやっと完母でいけたので、搾乳するほど母乳が出なかったです……。言われるがままに購入しないで良かったなと思いました。無駄になることろでした。
必要な時に必要な分だけベビー用品は購入しましょう。予め気合を入れてあれこれ準備しておいても、無駄になるものが出て来たらもったいないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました