2歳から始めるトイレトレーニングの進め方!【おしっこ編】

はじめに

我が家の長女は現在3歳。3歳になる前くらいから、日中はパンツで過ごし、おしっこもうんちもほぼトイレでできるようになりました。やはりパンツが汚れなくなると劇的に楽です。洗う手間もなくなるし、床も掃除しなくてもいい。でもここまでくるのは長かった……。
今回は、長女のトイレトレーニングで試したことなどご紹介したいと思います。子どもによって個人差があるので、参考程度に読んで頂ければ幸いです。

 

スタートは2歳半から

長女は保育園にも通っており、園でもトイレトレーニングとして日中はトレーニングパンツなど対応してくれてはいましたが、やはり家でも頑張るに越したことはありません。実際、家でもトイレトレーニングをやってる子は早くオムツ離れできていると保育士さんが言っておりました。
当時季節は夏。薄着でトイレの際の脱ぎ穿きが楽になるので、トイレトレーニングをスタートすることにしました。

実践してみたこと3つ

トイレトレーニングスタート時点で娘は、たまーにおしっこだけトイレで成功するくらい。大半は、オムツにおしっこしてしまっていました。「おしっこは?」とこちらから聞いても行きたいとなかなか言ってくれない。この状況で、正直何から始めたらいいのか分からなかったのですが、実践してみたことを挙げていきます。

トレパンは使わずいきなりパンツ

園では日中トレーニングパンツだったのですが、家ではいきなりもうパンツをはかせることに決めました。まずは、してしまったあとでもいいので、子どもに「おしっこした」と言わせたかったのと、不快感を覚えてほしかったからです。オムツの時はおしっこをしても平気で遊んでいた娘ですが、パンツだとダダ漏れにはなるので、さすがにその状況では何もできず親を呼んでくれるようになりました。
ちなみに、トイレトレーニング真っ最中は替えのパンツがたくさんいります。ぴったりサイズばかり買うとすぐ履けなくなってしまうので、ワンサイズ、いやツーサイズくらい大きめのを買うのがおススメです。

ご褒美シールを使う

定番ですが、うちの子には効果ありました。トイレでおしっこが成功したらシールを貼れる!とルールを決めると、成功回数が増えてきました。色々な種類のシールを揃えておくと、楽しみに貼っていましたよ。 シールを貼る台紙もネット上で探すと色々無料なものも出ています。子どもが好きそうなものを選んであげましょう。

おまるも併用する

ちょうど次女がオムツなし育児をしており、家にチャンバーポットがあったため、長女も気づけばそこでおしっこしてることがありました。私の手が離せずトイレまで連れて行けない時や、すぐに行かないと漏れそうな時に1人で勝手にやってくれるので、楽でした。

母も、私たちのオムツ離れさせる時、おまるを使っていたらしいので、効果あるのかなぁと思っています。⇒【参照】我が子がおむつかぶれに!おむつなし育児始めてみました
ちなみに、トイレの補助便座はこちらを使っています。場所も取らずシンプルなので狭いマンションのトイレに置くのに邪魔になりません。

 

負担を減らすための工夫2つ

トイレトレーニング中は、子どもも大変ですが親も大変です。おもらしされると掃除しないといけないし洗濯物も増えるし、正直ストレスもたまります。なので、私はできるだけ負担を減らすためストレスになるものを排除していこうと決めました。

リビング中の布製品を取っ払う

子どものトイレトレーニングが終わるまでは、リビングの絨毯を思い切って取っ払うことに決めました。どこでおしっこを漏らしてもいいように、掃除を楽にするためです。色々布製品が多いと、汚されて掃除するのは大変ですしね。最初からストレスの元になる要因は取り除いておいた方が楽です。
ただ、冬場にコタツも取っ払ったのは寒々しくてちょっと辛かったですが、エアコンなどで乗り切りました。

布団は防水シーツ・おねしょズボンでガード

始めた当時は、まだ暑い時期だったので、夜もパンツで過ごさせていました。おねしょされると悲惨なので、防水シーツを買って布団にしき、子ども自身にもおねしょズボンをはかせて寝かせました。ただ、これができるのは暖かい季節だけです。冬に近づき寒くなってくると、漏らしたらパンツが冷えてしまい風邪をひきやすくなるので止めた方がいいです。
私が購入した防水シーツはこちらです。

 

おねしょズボンはこちらで購入しました。

 

まとめ

夏にスタートしたトイレトレーニングですが、そうこうしているうちに、冬になる頃にはトイレでおしっこすることが増え、保育園でのお昼寝中もおねしょしなくなりました。そして、保育園の先生から、パンツを持参してくるように言われた時には、本当に嬉しかったです!
最初のうちは本当に大変でしたけどね。一日パンツを8枚くらい汚すし、床も掃除しないといけないし、親もかなりの根気を必要とされます。調子よく進んでるかと思えば後退している時期もあり、焦りもしました。でも子どももゆっくりですが、確実に成長しています。
よくトイトレ成功談を見ると、数日でできたとか3歳までには終わったとか、焦る情報も多いです。早くオムツ離れすると大人が楽になるのは分かりますが、子どもの膀胱の発達には個人差があります。おしっこを長く溜められる子もいればそうでない子もいる。人と比べるのではなく、我が子の成長具合を見てトイレトレーニングを進めてあげたらいいかと思います。
次回、後半では「うんち編」を書きますね。
⇒【参照】2歳から始めるトイレトレーニングの進め方!【うんち編】

コメント

タイトルとURLをコピーしました