ミニマリスト初心者必見!やめてみたら掃除が楽になったこと4選

ミニマリストに憧れて数年前から家の中や生活を何やかんや見直している私。そんな中、普段何気なくやってること・使っているものは、本当に必要なのか?と思い、やめてみると意外と困らないことが判明。長年無駄なことをしていたことが分かりました。しかも、掃除もぐっと楽になりいいことづくめ!今回は、やめてみて良かったことをご紹介していきます。

やめてみて良かったこと4選

排水溝ネット・ガスコンロ汚れシート等を付けない

何か当たり前のように今まで付けていたのですが、これらを付けると逆に不衛生というか掃除しないなと気づきました(遅い)排水溝はネットがない方が断然掃除しやすいです。毎日ゴミ受けのゴミを捨てる際にさっと掃除用スポンジでこするだけでそれなりに綺麗をキープできます。

ガスコンロの汚れシートも同様。油汚れが一定期間シートについた状態というのもよく考えるとあまり衛生的にも良くないのでは……?そのまま捨てられるという楽さにつられて使ってましたが、思い切って使わなくてもそれほど困りませんでした。

ちなみに、うちには三角コーナーも置いておりません。場所も取るしぬめりも付きやすく掃除も面倒なので、代わりにニトリのポリ袋スタンドを愛用しています。送料無料にするためについで買いしたものなんですが、これがなかなか使いやすくて気に入っています。本体の構造もシンプルなので丸洗いも楽ちんです(⇒参照記事:買って良かった!ニトリのおすすめ商品6選

⇒【ニトリ】ポリ袋スタンド

 

カーペットを極力使わない

洗濯は家族が増えると大変です。夫婦二人暮らしの時は数日おきで良かった洗濯も、子どもがいる今では毎日洗濯しないといけなくなり労力が増えました。長女のトイトレ(⇒参照記事:2歳から始めるトイレトレーニングの始め方!)もきっかけに、我が家では洗濯の負担を考えて極力布製品を減らすことに。

まず、カーペットは基本置かない。置くとしたら冬場のリビングルームに1枚だけ。カーペットを部屋ごとに置くと洗濯が大変なんですよね。布なので埃が付きやすい分掃除機をかける際も時間がかかります。子どももまだ小さいのですぐ汚すし、最初から置かない方がいいです。

うちで唯一使っているカーペットがこちら↓ニッセンの人気商品なのか、私が購入する際は目当ての色とサイズがなくて3ヵ月ほど入荷待ちでした。

私が購入したのは、ブラウンの185×240cmサイズ。サイズは他にもお部屋に合わせて6サイズほどあり、色もブラウンの他にもベージュ・グレーがあります。どれも柔らかい色なのでインテリアに馴染みやすいのが良いですね。麻混綿素材なので吸湿性も良く、薄手ですが洗濯機で丸洗いできる点も気に入ってます。

 

マット類も極力使わない

カーペットを減らしたついでに、もっと減らせるものはないかと目をつけたのが、家中にあるマット類です。我が家では元々トイレにも便座カバーやマット等はありませんでした(ない方が圧倒的に掃除が楽!)。それに加えて、キッチンマットや玄関マットも思い切って処分することに!玄関マットは別にあってもなくても問題なかったのですが、ないと床が汚れそうなキッチンマットは別の素材のものを使うことにしました。

こちら布より耐久性も高く気に入ってます。素材はPVC(塩化ビニール)でできており、見た目も透明なのですっきりシンプル。使って数年経ちますが、布のように何度も洗濯する必要がないなのでまだ劣化もなく綺麗な状態です。日本製だし高かったけど買って良かった!

お風呂マットもなくていいんじゃない?と主人は言いますが、冬に寒いのと猫がそこでよく寝ているのでお風呂マットだけは布のものを使っています。

 

収納家具をたくさん持たない

マンションなので元々収納スペースが少ない我が家。なのでついつい収納家具を買いたくなりますが、最近ではその収納家具をどんどん処分していってます。収納するところがあると、無駄にモノを置いてしまうんですよね。隙間も出来やすくなるので埃もたまりやすくなり、掃除も面倒になっていきます。それに、収納家具自体増えた分だけ居住スペースを圧迫するので、部屋がますます狭く感じることに……。そう考えるとたくさん持ってても全く良いことはありません。さっさと処分するに限ります。

まず手を付けたのが本棚。読まないものは売るか処分・お気に入りだけ残してまとめてデータ化しようと計画中。本棚がなくなるとだいぶスッキリ。意外と本ってどんどんためこんでしまうんですね。

寝室の大半を占めていた収納付ダブルベッドも処分。代わりに折りたたみ可能なすのこベットを2つ置くことで部屋が広くなり、くつろぎスペースも生まれました(⇒参照記事:折りたたみすのこベットは「みやび格子」がおすすめできる理由3選

長らくマンション住まいの私は、折りたたみ可能・兼用という言葉に弱いです。スペースが限られているので、すこしでもモノはコンパクトにしたいんですよね……。洗濯かごも折りたたみできるものを使っているし、キッチンで使うゴミ箱も踏み台にもなる兼用できるものを使っています。

今はしませんが数年後にはテレビも壁にかけてしまい、テレビ台も処分する予定です。こうして収納家具をどんどん処分することで、新たにモノを買う時もしまう場所はあるのか?そもそも本当に必要なものなのか?などよく考えることになります。結果、慎重なお買い物ができるようになり無駄遣いを防止することになります。

 

まとめ

こうしてみると、長年無駄なものにお金をかけ、労力をかけていたんだなぁと実感します。元々捨てられないタイプではないので、不定期ではありますがにいるものいらないもの分けたりしていたのですが……。当たり前にやっていることでも、よくよく見直せば実は不要だったことは多々あるのかもしれません。ミニマリストの道は遠いです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました