寝かしつけが超絶楽に!?主人が買いに走ったおもちゃとは

ドリームスイッチに出会うまで

育児で大変な作業の一つである「寝かしつけ」
子どもって勝手に一人で寝ないんですよね。
特に長女はなかなか寝ない子で、毎日寝かしつけには夫婦ともに苦労させられました。
寝かしつけの方法は、私と主人とで違っていて、私は電気を消してひたすら寝たふり。
子どもが寝静まるのを待つだけという手抜き作戦で通していたのですが、長女は意外と文句を言わず。
しかし、主人に対しては甘えるのかどっさり絵本を寝室に持ち込み「これ読んで!」「次これ!」と絵本攻撃。
ひたすら延々と絵本を読ませられる主人は、毎回ぐったりしておりました。
「はぁ……、やっと寝た」
そのあまりの疲れようが気の毒で、何か他に方法はないかなぁと思ってたんですね。
で、困った時はネット検索。

 

そこで見つけたのがこれでした。

同じように寝かしつけに手こずる親御さんの「買ってみて良かった!」との口コミを見みつけたので、何気なく主人に教えてみましたんです。
「何かさー、寝かしつけに便利なやつあるらしいよ」
「え!」
予想以上に食いつく主人。
説明すると、目の色が変わりました。
「買いに行く」
「え、今から?」
「ちょうど俺の親からトイザらスのギフト券もらってるじゃん、あれ使おう」
「それはいいけど、もっと良く調べてからの方が」
「少しでも楽になるなら欲しい」
……そんなに大変だったのか。
何か、ごめんよ。
私はもう、財布を持って出ていく主人の背中を見送るしかできませんでした。
この間、わずか10分程。
清々しい程の衝動買いです。
(普段、主人は滅多に衝動買いはしません)

 

で、購入後その日のうちに使ってみたのですが、最初は思いのほか食いつきが悪く……。
まだ当時長女は1歳過ぎと幼かったので、よく分からないのかな?と夫婦で落胆していましたが、次第に興味を持ち始めて「おはなし聞くよ」と言うと素直に寝室に来るようになりました。
それからは、寝かしつけの度に大活躍。
次女が産まれた現在も、現役で使っています。
次女に添い乳をしながら、長女と一緒におはなしを観られるので、非常に楽です。
二人まとめての寝かしつけは毎日大変ですが、ドリームスイッチという頼もしい相棒がいる感じですね。
子どもを産む前は、子どもに絵本を読むのって何か親らしくて憧れもあったのですが、毎日しかも何回も何回も絵本を読むって、段々辛くなってくるので助かっています。

 

ドリームスイッチの感想

で、肝心の商品自体の感想ですが。
概ね満足です。
最初観た時は、動く絵本っていうからアニメみたいに動くかと思っていたのですが、そうではなくて絵本の絵をスライドさせているだけでした(ちょっと残念)
あと、欲を言うなら連続再生できればなぁと。
おはなしによって長さに差はありますが、1話終わるごとに子どもに「もう1回!」と操作を求められるので面倒くさいです(うとうとしてるところを起こされる)。
おはなしの中身については、定番の桃太郎やシンデレラの他、あまり知らないお話も入っていて面白かったです。
(個人的には「注文の多い料理店」と「傘地蔵」が好き)
何か色々貶してもいますが、ドリームスイッチに出会ってから圧倒的に寝かしつけが楽になったのは間違いありません。
我が家では、今まで購入して良かったおもちゃの中で、ベスト3に入るくらい役立っております。
寝かしつけに苦労している、絵本を読むのが大変、という親御さんには是非ともおすすめしたい商品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました