ジモティーって実際どうなの?1年間試した感想

地元の掲示板ジモティー。
TVCMがよく流れていたため、その存在はだいぶ前から知ってはおりましたが、ネット上の評判の悪さに怖気付き、なかなかやってみる勇気はありませんでした。

基本的に、不用品はメルカリなどのフリマアプリで処分していたんですよね。ただ、数を重ねると、どうしても売りたいけど処分しにくいものも出てきます。
中古の家電家具類がそうです。送料含めるとフリマアプリに出すには高く出品しないといけないし、利益も少ない。あと地味に梱包が大変なのが嫌でした。傷つかないように壊れないように頑丈に梱包していたので、時間も手間もかかる。でも捨てるにはもったいないし、処分費もかかる。

なので、恐々ながら1年ほどジモティーをやってみました!本当にたまにしか利用しないため取引件数は少ないです。でも何となくジモティーについて分かってきたので、今回は私なりの感想を書きたいと思います。まずは、私が考えるメリットデメリットから。

 

ジモティーのメリット

出品手数料がかからない

フリマアプリだと絶対にかかる手数料が、ジモティーでは0円です。また、手渡しにすれば送料もかかりません!これで不用品を安く譲ることができるし、譲る側も貰う側もメリットがあります。

梱包いらず

私がジモティーで主に売るものは大きくて梱包が面倒なものがほとんど。手渡しできるジモティーは梱包せずに済むのが助かります。中古の家電家具って、処分するのにもお金がかかります。それならば、数百円でも利益になって誰かの役に立てるならいいことです。

すぐお金が入る

商品と引き換えにすぐお金が手元に入るのは嬉しいです。商品を売った!という実感があります。フリマアプリだと、売上金をある程度ためてから振込申請してそこから何日か待たされてやっと入金されますからね。ジモティーは、問い合わせから引き渡しまでの流れがスピーディーでいいです。

 

ジモティーのデメリット

かなり安くしないと売れない 

モノにもよりますが、相場よりだいぶ安くしないと売れないです。まぁ、タダで譲られる商品も多いですからね。一度だけ間違ってある商品を安すぎる価格で投稿した際は、すぐいくつもの問い合わせがあり、衝撃でした。一度投稿した商品は値上げできないため注意が必要です(あれは安く譲り過ぎたと未だに後悔)。

変な人に遭遇する確率もある 

これが一番不安な点ですよね。ジモティーを利用するうえで何より怖いです。幸いなことに私は今のところ変な人に当たったことないです。でも、もし変な人と取引してしまうとかなり大変そうです。受け渡し場所もよく考えないと、住所もバレますしね。

値上げ・再投稿できない

先に軽く触れましたが、フリマアプリでは気軽にできる値上げ・再出品も、ジモティーではできません。ジモティーでは、投稿時の値段から金額を上げることは禁止されており、また一度投稿したら、60日待たないと再投稿できません(60日経つと再投稿ボタンが出てくるシステム)。この辺りの制約が、個人的に面倒に感じました。

なので、ジモティーの商品は投稿しっぱなしで問い合わせがあるまでずっと放置してます。

 

実際の流れ

ジモティーでの実際の流れ(出品者目線)で紹介します。大体大きく4ステップです。

商品投稿 

商品説明は詳細に!写真も出来るだけ多く載せます。例えば家具など傷があればそれもしっかり説明すること。家電なら説明書もあるなら一緒につけてあげて。耐用年数も分かれば記載しておくと親切かと。

また、基本的にはタダでは譲りません!どんなにいらない物でも、タダは避けた方がいいかと思います。タダで手に入るものだといい加減な人が増えそうですし。数百円でもいいので、お金は毎回頂いてます。

問い合わせ対応 

投稿しておいた商品に対して問い合わせがあれば、出来る限り素早く対応します。大概、まだ商品があるのか?もしくは商品についての細かな質問がきますね。できるだけ丁寧&明確に答えましょう。受け渡し予定者が決まれば、「受け渡し予定者にする」ボタンを押すのを忘れずに。ここから実際に取引がスタートします。お互いの都合の良い日時と受け渡し場所が決めて、あとは当日に商品を渡してお金を頂くだけです。

商品引き渡し

当日は、約束した時間の5分前には着くようにしてます。着いたらすぐにアプリ内のメッセージから到着連絡を送ります。私は駅前やコンビニを指定して取りに来てもらうことが多いです。荷物を抱えてるのですぐ分かるのか、向こうから声をかけてくれます。そこで商品を渡してお金を受け取しして、完了です。

評価する 

取引が無事に終われば評価します。評価の前にメッセージでお礼を伝えてもいいでしょう。

 

まとめ

ジモティーでは、本当に不用品処分の目的なので利益はほとんど考えません。処分の手間とお金がかかるくらいなら、誰かに譲ってその後も役立てて欲しいですしね。今後もぼちぼちとジモティーで不用品を処分していく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました